Beauty & Health

ブラッシングで簡単!髪と頭皮ケアで美髪を目指す

私の髪質は、もともと毛が細く柔らかめ、色も黒というよりはブラウン系。10代、20代はあまり髪のことで気になることはなく、むしろたまに出来るいわゆる大人ニキビとか、肌の方が気になっていました。

そんなこともあり、髪には肌ほど気を使ってこなかったというのが正直なところです💦

でも、少し前から、髪のボリューム白髪が気になるようになってきました。
もともとペチャンとした髪ではあったのですが、最近は以前にもましてペタンとなってきたような、髪もますます細くなってきたような……😣

これは今から何とかしなければ! と思い立ち、本気で髪と頭皮のケアを開始!

対策を練るにはまずは原因から……ということで、早速トラブルの原因について調べてみました。


🔴 頭皮環境の悪化がトラブルのモト

健康な髪を育むために最も重要なのが頭皮環境。土壌となる頭皮の状態がよくなければ健やかな髪は育ちませんからね。

頭皮環境の悪化の原因は何かと言いますと、頭皮の残留物と血行不良が主な原因とされています。

頭皮の残留物とは、皮脂や汚れの他、スタイリング剤やシャンプー、カラー剤の残留物などです。これらの残留物により頭皮が炎症を起こし、抜け毛や薄毛の原因になります。皮脂腺の数は額の2倍もあるので、実は顔よりも頭皮の方が皮脂トラブルは起こりやすいのです。

血行不良になると、栄養が行きわたらず、太く元気な髪が育ちにくい状態になってしまいます。頭皮は普段あまり動かしませんから、血行不良になりやすい場所でもあります。特に長時間のパソコン作業などを行っていると、ますます血流の流れが悪くなりがちです。

さらに、紫外線やドライヤーの熱などの外的ダメージ、ストレスによる内的ダメージも皮脂の過剰分泌を引き起こし、毛穴詰まりなどの原因となります。

特に、ストレスによりホルモンバランスが乱れ、女性ホルモンのエストロゲンが減ると、ハリやコシがなくなり、一本一本が細く弱い毛になってしまいます。また、毛周期が乱れると成長期が短くなり、なかなか生えないために薄毛に見えることも……😱


🔴 髪と頭皮復活のカギはブラッシングにあり

では、頭皮環境を整えるにはどうしたらいいのでしょうか。

対策としては、毎日のお手入れで頭皮の残留物を取り除き、血行を促進することが鍵になります。そして、誰でも簡単に出来る髪と頭皮ケアがブラッシングです!

ブラッシングをするだけで、頭皮や髪の汚れを取り除くことができ、また、頭皮を刺激して血行を良くし、髪の発育を促してくれます。

ブラッシングは毎日朝晩2回が理想ですが、特にシャンプー前のブラッシングはマストです。シャンプー前のブラッシングで汚れをある程度取ることでシャンプーの泡立ちもよくなり髪への摩擦が軽減されます。

朝のブラッシングでは、血行促進効果の他、根本から毛先に向けてブラッシングすることで、髪全体に皮脂を行き渡らせて艶を与えてくれるという効果も期待出来ます。

「髪は女の命」。ブラッシングくらいなら無理なく続けられそうですよね。


私がブラッシングのために先日購入したのがこちら

スカルプブラシ

エス・ハート・エス スカルプブラシ プロフェッショナル(ロング)

シャンプー時にもスタイリング時にも使えてとても便利です。
何より、使い心地がとても気持ちがよくて、ブラッシングがクセになります😊


ある雑誌で、美髪で有名な君島十和子さんが、「肌以上に手をかけるべきは髪」とおっしゃっていました。

確かに、顔はメイクが出来るし、ボディラインは服や下着でそこそこカバー出来ますが、頭髪は360度全方位で周囲の目にさらされ、見られる場所。顔のフレームとなる髪の印象で見た目の年齢も大分変わってきますよね。アンチエイジングを意識するのであれば、髪や頭皮のケアにも力を入れ、ハリや艶のある髪を作ることが重要ですね!

十和子さんは、顔は一切マッサージしない代わりに、その労力と時間を全て頭皮へ注いでいるそうです。

美肌は髪をフォローしないが、美髪は肌をフォローしてくれる

私も地道なセルフケアを続けて、ハリやコシ、艶のある髪を育てていきたいと思います!

Kana
こちらの記事はいかがでしたか?
もし良かったら下の2つのバナーをポチッと押して、このブログを応援してもらえると嬉しいです!
  • にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
ありがとうございました!

前の記事へ 次の投稿へ

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます

No Comments

Leave a Reply